【妊娠線とセルライトってどこが違うの?】症状の違いとそれぞれの対策を解説


「これって肉割れ、セルライトどっちなの?」 できる場所と状態によっては肉割れとセルライトは酷似しているため判断つかない人も多いのでは? 編集部がわかりやすく肉割れ(妊娠線)とセルライトの違い、さらにそれぞれの対策もお教えします
  • 肉割れとセルライトの似ている部分
  • それぞれの効果のある対策
  • 肉割れとセルライトの関係は?

以上3つを解説します。 もし自分の症状がセルライトでなく妊娠線・肉割れだった場合、とにかく1日も早くケアを開始するのがカギ。のんびり構えず明日からさっそく始めてみましょう。

肉割れケアはスピード重視
肉割れ・妊娠線は放置する期間が長引けばそれだけ消すのも大変…もし発見したら最短でケアを開始するのが鉄則。 編集部がじっさいに試してみた肉割れケア商品5つを比較してみたのでご覧ください♪

売れ筋クリーム5種を徹底比較

妊娠線とセルライトの似ている部分と違う部分


まずは妊娠線とセルライトの共通する部分とまったく違う部分を知るのが先決! 以下、肉割れとセルライトの似ている部分や違う部分を順に説明していきます

【同じ部分】妊娠線もセルライトも脂肪のつきやすい部位にできる

 

まず妊娠線とセルライトが混同されやすいもっとも大きな理由は、体の脂肪のできやすい部位にできる皮膚の異常といった部分かもしれません。

とくにお尻や太ももといった部分の皮膚が凸凹した感じになる部分は微妙に違えども似ている部分もありますもんね。

しかしよく調べてみれば肉割れとセルライトはまったくの別物です。原因も違えば症状も違います。とうぜんですが治療法だって違うわけです。

なので最初に肉割れとセルライトの根本的な違いを理解しておいた方がよいかもしれません。

そもそも妊娠線とは?

当サイトでも再三にわたって説明していますが、妊娠線とは簡単に言ってしまえば皮膚の伸展に追いつけなくなって亀裂やヒビ割れを起こしてしまった真皮層の裂傷のようなものです。

つまり表皮の内側でおこる裂けた傷なんですね。

ですので肉割れの場合、皮膚の表面から肉割れ部分をみれば初期段階は内部の毛細血管が透けて赤みを帯びている、そして徐々に赤みや赤紫の色は茶色っぽく変化し数ヶ月~数年で白く光った状態の線条(スジ)となって落ち着きます。

医学的には肉割れとか妊娠線といった扱いは無く、それら全てを線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条といった症状として扱われています。

医学的にいえば真皮層のコラーゲン繊維の結合が皮膚の張力によって破綻した状態です。

現時点では根本的な治療方法もなくレーザー治療やサーマクールといったラジオ波を利用して真皮層に直接の刺激を与えること、または保湿成分や皮膚に栄養を与えることで真皮層を活発化しコラーゲンの産生を促すのが効果的だといわれています。

セルライトに比べ体重の変化うや体型の変化が直接の原因といった部分の違いが大きいといえますね。

妊娠線にくらべてセルライトとは?

肉割れは遺伝的な部分もある

では妊娠線に比べてセルライトとはどういった状態なのか考えてみましょう。

まず同じ表皮の内側でも真皮層のコラーゲン繊維が裂けたことで起こる妊娠線とちがい、セルライトは脂肪や老廃物を溜め込んで脂肪細胞が肥大化してしまうことが直接の原因です。

本来は脂肪を排出する脂肪細胞が、欠陥のあるコラーゲンなどの影響で身動きがとれずに脂肪を排出できずに溜め込んで肥大化してしまいます。

そのためコラーゲンを作る役割の線維芽細胞も栄養不足となって正常に機能できなくなり、結果としてさらに欠陥のあるコラーゲンを生成してしまいます。

こういった悪循環によってさらに脂肪細胞は脂肪を溜め込み栄養が行き渡らなくなった状態は、皮膚の表面からみればコラーゲンでこわばった部分と脂肪で柔らかい部分で凸凹になってしまいます。

…つまりこれがセルライト状態の皮膚ということです。

妊娠線では線条(スジ)が見られますがセルライトでは線条は見られません。どちらかと言えば柑橘系の果実の皮のようにボツボツした皮膚、コラーゲンと脂肪によって波打った状態の皮膚なのが特徴です。

妊娠線とセルライトの解消法の違い


原因も違う肉割れとセルライトは解消法もまったく別物です。ここを勘違いしてセルフケアを行っても解消できるどころかまったく改善しないのでご注意ください

【違う部分①】セルライトと肉割れ、表皮の凸凹も違う

ではセルライトと肉割れの症状を比較してみましょう。

セルライトの場合、表皮の上からみると表皮の凸凹した部分が波状になっていたり、柑橘系のフルーツの皮のようにボツボツした感じなのが特徴です。

線状ではなく、出っ張っている部分と凹んでいる部分が無秩序に並んでいる状態といってもよいかもしれません。

というのもセルライトが起こる仕組みと関係してます。そもそもセルライトとは不要な老廃物や水分によって脂肪細胞が自由に活動できない状態なのです。その結果脂肪を排出できない脂肪細胞は肥大化し皮下組織の圧が高まり表皮の凸凹を発生させます。

つまり皮下組織内の圧が高い部分と、脂肪で柔らかい部分の違いが表皮の凸凹やボツボツの原因ということです。

【違う部分②】セルライトと違い肉割れは線条(すじ)を伴う

それに対し肉割れの症状はセルライトと大きく違うものです。

肉割れの初期と時間の経過した後期では状態も違ってきますが、どちらの肉割れにも共通していえるのは数本の線条(スジ)をともなう点です。

それは肉割れが起こる仕組みを考えてみれば納得できます。肉割れは急速に体型が変化して皮膚が引っ張られたことで起こるものです。

皮膚が拡張したテンションに、表皮の内側の層である真皮の線維芽細胞やコラーゲン繊維が耐え切れないために起こるものです。

つまり皮膚の伸展方向にたいして直角に亀裂が生じるのが一般的な肉割れ線で、セルライトと違い凸凹はしていても必ず線条(スジ)が走っているはずです。

妊娠線の代表的なケア

当サイトでは他のページでも詳しく説明していますが、妊娠線を解消するには大きく医療機関によるレーザー治療やサーマクールといった施術、

もしくは時間をかけて保湿や栄養分を真皮層に届けるクリームやマッサージといった方法です。

予算や治療期間を考えて自分に合った治療法を選んでもらえば良いかと思います。ざっくりとレーザー治療でも約2~3ヶ月、自宅でのセルフケアなら約半年程度は覚悟しておきましょう。

人気の肉割れクリーム5種を試した結果!?

セルライトの代表的なケア

まずセルライトを短期間で本格的に除去したい場合、予算を気にしないならばエステサロンによるセルライト除去コースが手っ取り早く効果がでるのは間違いありません。

脂肪融解注射によって脂肪を取り除く、またはキャビテーション等の施術によって脂肪を効率よく分解してマッサージによって刺激を与える方法は非常にセルライト除去効果があります。

またセルライトをセルフケアで解消したいなら下半身を中心とした有酸素運動を生活に取り入れてみるのが効果的です。

むくみもセルライトも下半身に集中する症状だということからも2つが深く関係していることは分かるかと思います。セルライトは脂肪が溜め込まれた状態に対して、むくみは不要な水分が溜め込まれた状態といった違いはありますが、

どちらも血行不良や新陳代謝が低下したことで血液やリンパの流れが悪化したことが関係しています。

セルライトとむくみの関係

静脈やリンパによって回収できなかった老廃物を含んだ水分が原因となって脂肪が排出できない状態がセルライトです。

これは脂肪細胞は肥大化しコラーゲン繊維によって絡まってしまい不要な水分が静脈やリンパに吸収できないともいえます。

つまりむくみがセルライトを起こし、セルライトが原因でむくみが悪化するわけです。やはり根本的に解消するには基礎代謝を上げるための有酸素運動やホットヨガのような運動が理想的です。

運動によって過剰な脂肪を燃焼し脂肪細胞に溜め込まれる脂肪そのものをエネルギーとして消費しつつ、下半身のふくらはぎを中心とした深層筋を鍛えることで血管やリンパ管の流れを改善します。

リンパの流れがスムーズに戻れば不要な水分も上手に排出され身動きのとれなかった線維芽細胞も活性化されるはずです。以上、セルライトと肉割れ、それぞれの対策でした!